環水平アークとは?



一般定義付け

環水平アークとは逆さに見える虹のことである。

地震の前兆とされているが諸説ある。
『環”太平洋”アーク』ではなく『環”水平”アーク』である。




アオクサ定義付け

環水平アークとは小難しい言葉である。
実態はただの逆さになった虹だ。



環水平アークは大地震の前兆なのか?

環水平アークを見たその後に大地震が起こったという例はいくつもあります。

例えば、東日本大震災の前に環水平アークを見たとか

マグニチュード8.0を記録した中国の四川大地震の前に環水平アークを見たという人々が数多くいるのです。

やはり環水平アークは大地震の前兆なのでしょうか?

結論から書きましょう。

環水平アークは大地震の前兆であるのかもしれません。

しかし、大地震の前兆であるのかもしれませんが環水平アークを見たら必ず大地震が起きるといったものではありません。

というのも環水平アークというのは毎日のように起こる現象だからです。

毎日のように起こるのですが、時間が短かったり、雲に隠れていたり、霞んでいたりといった様々な要因によって人間に見つかることはあまりないのです。

環水平アークが生じると必ず大地震が起きるのであれば、大地震は毎日のように起きていなければつじつまが合いませんよね。

ですが大地震は毎日のように起きることはなく、私たちは平穏無事に暮らしています。

つまり、環水平アークを見たからといって必ずしも大地震が起きるとは限らないのです。



大地震が起きる時には環水平アークが生じているのではないか?

環水平アークを見たからといって必ずしも大地震が起きるのではないことは確認しました。

しかし、『大地震が起きる時には環水平アークが生じているのではないか?』といった疑問が生じます。

とても気になりますね。

しかし、これはデータがないのでよくわかっていません。

もしかしたらそうなのかもしれないし、違うのかもしれませんね。

わからないのであれば私たちにできることは一つです。

環水平アークを見たら地震がきた時に生き延びられるような準備をしておくことです。

備えがあれば憂うことはないのです。


まとめ

・環水平アークは逆さに見える虹のこと。

・環水平アークを見たからといって必ずしも大地震がくるとは限らない

・しかし環水平アークを見たら地震がくるのかもしれない

・環水平アークを見たら念のため地震対策をしよう!