iPhoneアプリを作るには

iPhoneアプリを作るには『Swift』というプログラミング言語を学ぶ必要があります。

『Swift』とは、かの有名なAppleが作ったプログラミング言語です。

対象としているOS(オペレーティングシステムの略であり、コンピュータを動かすためのもの)はiPhoneのiOSやmac パソコンのMacOSです。

これらのOSに対応したアプリを作ることができます。

『Swift』はAppleが作ったプログラミング言語なので対応しているのはやはりApple製品ですね。


Swiftを動かす

『Swift』を動かすには『Xcode』というAppleが開発したソフトウェアが必要です。

そして、『Xcode』を動かすにはmacが必要なようです。

Windowsのパソコンでは使えないみたいですね。

学校指定のパソコンがmacでよかった!

パソコンがmacの場合、『Xcode』はApp Storeから簡単にダウンロードすることができます。

『Xcode』とは?


さて、この『Xcode』というものは一体何かを説明しましょう。

『Xcode』とはアプリ開発に必要な環境のことです。

例えば、
『Xcode』を使うことによりプログラミング言語である『Swift』が使えるようになったり、アプリにボタンなどの要素を追加したり、作ったアプリをシミュレーションしてみたりなどができるようになります。

『Xcode』とはスポーツジムのようなものですね。

大胸筋を鍛えようと思えばベンチプレスをし、太ももの内側を鍛えようと思えばアダクションマシンを使うといったようにスポーツジムには筋トレをするのに適した環境が整っています。

それと同じように『Xcode』にはiPhoneアプリを開発するための環境が整っているのです。



これでiPhoneアプリの作り方はなんとなくわかりました。

次はいよいよプログラミング言語『Swift』を学んで行きましょうかね。

早くアプリを作りたい!